弾けない大黒新備長炭・オガ炭・天然炭を激安で販売!

プロの飲食店がご用達の『大黒新備長炭』。

『大黒新備長炭』は『炭工房』でも焼き鳥屋、焼肉屋、韓国料理屋、居酒屋など炭を使っているプロの飲食店からとっても人気がある商品なんです。

今では『大黒新備長炭』は累計で100万ケース以上を出荷してきており、さらに出荷するケースがどんどん増えてきているんです。がなぜこんなにも多くの『大黒新備長炭』が売れるのかを、飲食店のプロに聞いてみました。

そしたら、その答えは5つほどあったんですが、こんな内容でした。

1.価格が他の天然の備長炭と比べて激安
2.特許を取得済みだから安心
3.火力が強い
4.安定供給ができるから安心
5.炭が弾ける爆跳がない

というようなコメントがたくさんでした。では、まず1.の『大黒新備長炭』の価格が天然の備長炭と比較しても安いというのは、どれくらい安いのかを検証したいと思います。

大黒新備長炭は天然の備長炭と比べて激安

通常の天然のラオス産の備長炭を例に挙げると大体、15kgで5,000円~6,000円くらいの価格ラインです。だから結構高いんです。そして、そこに送料が1,000円くらいのってくるので、15Kgで6,000円~7,000円というかなり高い価格になるんです。

でも、『大黒新備長炭』は3,390円(税別)という恐ろしい安さなんです。しかも、送料も代引き手数料も無料の0円なので、『大黒新備長炭』の仕入れにかかるコストは3,390円(税別)だけという激安さ!

だから、天然のラオス産の備長炭と比較すると15Kgで3,000円以上も安いということになるんです。もし、1日15Kgを使う飲食店さんなら、毎日3,000円のコストが変わってくるので、25日営業とすると1ヶ月で75,000円もの炭のコスト削減につながるということなんです。

それを1年12ヶ月とすると900,000円も変わることになるんです。これはとんでもないコスト削減だとは思わないでしょうか。それほど、『大黒新備長炭』のコストは安いということなんです。

そして、次に『大黒新備長炭』が人気なわけは、特許を取得しているというところなんです。

特許を取得済みだから安心

最近では、『大黒新備長炭』という名を語って模倣品の『大黒新備長炭』をインターネットでの販売やオークションサイトでの販売をしている、炭業者が増えてきています。模倣品というのは、商標権や意匠権、あるいは特許権などを侵害している違法な炭製品のことを言います。しかも、模倣して製造された『大黒新備長炭』は、品質が粗悪で正規の製品となる炭の品質を満たすことのない炭や、安全上で重大な欠陥がある炭も多く消費者に対していろいろな被害をもたらす違法な商品です。

でも、『炭工房』ではこの『大黒新備長炭』は生産国である中国にて特許取得済みなので安心して使っていただけると思います。また、知的財産権保護を目的として、こうした違法な偽物の炭を製造・販売し詐欺行為に及ぶ業者の特定と追求に日々注力しております。もし、偽物の『大黒新備長炭』を販売している業者がいたらすぐに警告し販売をストップさせております。

実際、模倣した『大黒新備長炭』の中国での製造・販売輸出は、特許や意匠などを含む知的財産を侵害し、罰金や没収(差止請求)といった法的処分だけでなく、禁固刑または懲役刑を受ける可能性もある違法な犯罪行為なんです。また、それを意図せず購入してしまったお客様にも、違法行為に関与する恐れがあり、品質的にも何ら保証のない模倣品の使用によって、不慮の事故や損害を被る危険性もあります。

このようなことがないよう、『炭工房』では、焼き鳥屋、焼肉屋、居酒屋さんなどのオーナーさまに安心して『大黒新備長炭』を使っていただくために日々努力しています。

だから、『炭工房』で『大黒新備長炭』を購入していただければ安心だと思います。そして、3番目に『大黒新備長炭』が人気なわけは、火力の強さなんです。

『大黒新備長炭』は火力がめちゃ強い

やっぱり、炭を使っている炭火焼きの焼肉屋や焼き鳥屋さんなどでは、炭の火力がとっても重要になると思います。その点、『大黒新備長炭』は、高温が1000度近くになり、遠赤外線効果と発熱量が得られるので美味しい焼き鳥、焼肉を来店したお客さまにご提供することができるんです。

お肉は外はカリッと、でも中はジューシーに焼き上げるというのが美味しい焼き方なんですが、炭の火力が弱いとなかなかいい感じで焼くことができないんです。しかぁ~し、『大黒新備長炭』を使えば美味しい焼き鳥、焼肉に仕上げることができるんです。

美味しい炭火焼料理屋さんということになれば、お客さまからの口コミはどんどん増えるし、食べログなどのレビューも増え評価もよくなって、お客さまの来店数もどんどん増えて、お店が繁盛するんです。それくらい炭というのは重要な要素で、どんな炭を使うかによってはお店の売上に直結するんですね。

だから、自分の納得できる炭を探すということが一番大切なんです。そして、4番目が安定供給ができるから安心ということなんです。

安定供給ができるから安心


『炭工房』は自社の炭工場で『大黒新備長炭』を製造しています。だから、安定して飲食店の皆さまに炭を供給することができるんです。炭メーカーの良さというのは、自分たちで炭の製造能力を保有しているので、製造調整をして需要がどんどん伸びれば、製造の量をどんどん増やして行けばいいし、工場の拡大をしていけばいいんです。

逆に、炭問屋さんだとなかなか自分たちで量をコントロールすることができないというところがありますよね。

それに、天然の備長炭の場合は、原料自体を調達することもどんどん難しくなってきているので、今後は製造自体がなかなかできないという恐れもあるんです。実際、中国では炭の輸出規制が生じましたし、将来的にはラオス、マレーシア、インドネシアなどの国からも輸入することが困難になる可能性もあるんです。

しかし、『大黒新備長炭』は人工的に加工して作った成形炭なので、供給ができなくなるという心配はほぼないんです。『炭工房』はの『大黒新備長炭』は将来の炭市場を見越して作られた炭と言っても過言ではないんです!そして5番目に人気の秘密が炭が弾ける爆跳がないといことなんです。

炭が弾ける爆跳がない

炭火焼の焼き鳥屋さんや居酒屋さんで一番気になるのが、炭が弾ける爆跳なんです。炭がパチン、パチンと飛ぶと焼き場を切り盛りしているスタッフさんはとっても危険です。炭が弾けて目に入ったり、顔をやけどしたりという話もよく聞きます。

また、カウンターで食べているお客さまに炭が弾けて飛んだという話も聞いたこともあります。だから、爆跳は本当にやばいんです。でも、『大黒新備長炭』は100%爆跳しないというのがウリなんです。天然のラオス産備長炭以上に爆跳がないから、すごい安心して使うことができるんです。なぜ、弾けないのかというと製造段階から絶対に弾けないように製造しているからなんです。

それの製法は企業秘密で言えないんですが、実際に使ってみてもらえれば100%爆跳しないってことがわかると思います。それに、爆跳しないということはお肉に炭が刺さらないということなんです。炭が刺さるとお肉の美味しさが全然変わってしまうんです。

ということなんです。

こんな感じで『大黒新備長炭』にはかなりのメリットがあることをお分かりいただけだでしょうか。もし、これから炭火焼きの居酒屋、焼き鳥屋、焼肉屋などの飲食店を始めようと思っている方がいれば、『炭工房』の『大黒新備長炭』を使っていただければと思いますので、お気軽に『炭工房』にご連絡くださいね!