弾けない大黒新備長炭・オガ炭・天然炭を激安で販売!

2種類あるオガ炭をご紹介。

オガ炭と言ったらオガ炭という炭1種類しかないと思っている方は多いと思います。実際に、オガ炭というカテゴリーとしては1種類ですが、その品質というかクオリティーというか製法によって全然違う商品になるのがオガ炭なんです。

『炭工房』ではオガ炭は種類取り扱っており、1つ目が柔らかいタイプのオガ炭、2つ目が固いタイプのオガ炭、というこの2種類となります。

線が2本になっているオガ炭が固いタイプのオガ炭で、線が1本の方が柔らかいタイプのオガ炭です。

この2種類のオガ炭には、それぞれの特徴があってどちらもメリット、デメリットがあるんです。今回はその2種類のオガ炭の特徴をご紹介したいと思います。

まず、1つ目の柔らかいタイプのオガ炭からご紹介します。

 

【柔らかいタイプのオガ炭】

このオガ炭は柔らかいというか中身がガッツリ入ってないというか軽い感じのオガ炭なんです。だから、着火するスピードはめちゃくちゃ速いと思います。でも、着火スピードが速い分、燃焼時間が短いというデメリットもあるんですね。

 

今度は、2つ目の硬いタイプのオガ炭をご紹介します。

 

【硬いタイプのオガ炭】

このオガ炭は硬いというか中身がぎっしり詰まっているというか重い感じのオガ炭なんです。だから、着火するスピードは遅いんですが、その分、燃焼時間が長いというメリットがあるんです。

柔らかいタイプのオガ炭は着火をすぐにしたいというバーベキュー場やキャンプ場、回転率が速い炭火を使う飲食店さんなどで人気です。

逆に、硬いタイプのオガ炭は燃焼時間が長いので火持ちがいいオガ炭を好む焼き鳥、居酒屋、焼肉屋さんから重宝されています。

全体的には、硬いタイプのオガ炭と柔らかいタイプのオガ炭では、硬いタイプのオガ炭の方が出荷量が多いという印象ですね。やはり、御取引先のほとんどが飲食店さんなので火持ちいいオガ炭を好むからですけどね!

今後、炭火料理を提供する飲食店を開業される上で、オガ炭を探している方は是非『炭工房』にオガ炭のことをご相談していただければ最適なオガ炭をご提供させていただきますよぉ~。

これでオガ炭選びにももうこまることはないと思います!

他にもこんな記事があります!

焼き鳥に最高の大黒新備長炭。

高級な焼き鳥屋さんになればなるほど天然の国産備長炭を使用しているケースが多いと思います。例えば、最近食べに行った銀座にある客単価1万5千円くらいの焼き鳥屋さんでは紀州の天然備長炭を使用しているとのことでした。 その焼き鳥…

続きを読む 


オガ炭の価格は業界最安値!

『炭工房』のオガ炭がなぜ爆発的な人気を誇っているのか?というとやはり、業界的に価格が最安値ということが大きな理由だと思います。だから、多くの居酒屋、焼き鳥屋、焼肉屋、韓国料理屋の経営者の方々から、毎月多くの取引をしていた…

続きを読む 


大黒新備長炭が激安で販売中。

『大黒新備長炭』を仕入れたいという飲食店さんが最近めちゃくちゃ増えてきました。その理由は、天然炭がなかなか供給するのが難しいという状況になってきているということと、天然炭の値段がどんどん高騰してきているというのが大きな理…

続きを読む